インドネシア
スラウェシ トラジャ ママサ・カロシ

Body & Bitter - 003

1,620円(税込1,750円)

項目・数量をお選びください。

新鮮な珈琲を飲んで頂きたいので、焙煎置きはしておりません。注文状況によっては、発送まで3~4日ほど頂く場合がございますので、ご了承願います。

生産情報

栽培地
スラウェシ島トラジャ地域ママサ・カロシ地区
品種
ティピカ
標高
1,400〜1,600m
生産処理
パルプドナチュラル(スマトラ式)

焙煎人寸評

パンチの効いた苦味、コクもたっぷりで、程よい後味がしばらく残りビターなチョコレートを感じさせます。

産地概要

スラウェシ島は、1万3千に及ぶ島々からなるインドネシアの中で番目に大きな島。スラウェシ島は山岳地帯が多く、他のスマトラ島やジャワ島に比べて平地が少なく、農耕面積も限られているようです。 しかし、「カロシ」を産出する島の南西部は海抜1,000m〜1,500mの高地で、赤道直下にありながら年間を通じて気候が温暖で、あのブルーマウンテンを産出するジャマイカ島の栽培環境に似ているようです。

精製/スマトラ方式

収穫後、含水率40〜50%の段階で脱穀、豆が白色の柔らかい状態から含水率14%程度になるまで天日干しされます。徐々に引きしまっていく過程で、深緑色に変化。ここでもスマトラ式の製法が用いられ、一味違った風味を作り出しているようです。

味わいチャートを表示